スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目線の向け方と将来の願望と夫のその後

2011/05/29

こんばんは~

本日はホントは昨日載せたかった記事を・・・・。




最近たまたまですが、年老いて大型犬や超大型犬を飼う事について
何人かのご意見を聞く事があり、私共も全く同じように共感しておりました。




つまり、70過ぎて大型犬のパピーを迎い入れてしまえば、その後の10年間くらいは
ずっと過すという事への覚悟ですね。 もちろん散歩もですし、いくら、おっとりしている犬種だったり、
賢い犬種だったりしてもパピー時代の2年間くらいは兎に角ヤンチャであるということは通説です。

躾け等にしても、これから自分が年老いていくにつれ身体もきかなくなり
大型犬の介護やらは、犬種によっては人並み以上・・・。それらをクリアできる覚悟が、
そして万が一自分が先に・・・などにも対応できる信頼のある方への受け入れ先の確保など
そういう認識でおりました。 



いまもほぼ変わってはいないのですが・・・






とある方との出会いで、多少の見解が変わりました





実は、この方、名前やご職業は控えさせていただきます(顔も似せてませんw)が、現在74歳。
そして、数十匹の超大型犬を飼われております。その他にも中型犬など・・・
販売されているワケではありませんが、犬に関係する仕事はなさっておられます。そして知識が非常に豊かです。
既にほぼ中年~老年期を迎えている犬が殆どです

その方は、当然 数千坪の土地に犬舎を構え 自宅のランも所有しております。
しかしながら、そのご主人は御歳に見合わない程 元気で朝から晩まで犬の為に働いております。


01_20110528235933.jpg

そして、うちのヒナタが コハクの入院頃から自我が芽生え、制御不可能なほど 暴れる(リードを引っ張って散歩に
ならない状態)だったのを見かねて チェーンチョーカーの指導をして下さりました。
まず、絵の様に サイズのあったチェーンチョーカーを正確にヒナタに装着し、
座ってヒナタとの距離感を確かめておりました。
そして、この細いリードだけで 半径2~3mのリード距離に合わせ動かず遊ばせていました。



当然抵抗するヒナタ




そして、その度に チョークを シッカリ引く   ここで大事なのは オンとオフの差をキッチリさせること





02_20110528235933.jpg

やる気0なヒナタに対して、ご主人はシッカリした口調で 褒める
そして、確実に気を持って行かせてました



03_20110528235933.jpg

暫くすると、ヒナタが妙に懐きだして・・・




ご主人は、このリードで 犬と飼い主が繋がっている事を各自に認識させることが大事と
教えてくれました。
ヒナタは理解が早かったらしく、どの距離感が心地いいのかを悟ったようです。
それが出来たら、毎日 犬が嫌がらない程度に 5分とか10分の短い時間で
今の様にし、服従だけを味あわせるのでは無く 「楽しい」を認識させなさいとアドバイスを頂きました。





04_20110528235933.jpg


感心していたのもつかの間、ご主人が立って移動始めると 完全なヒール状態でついていくヒナタ
全く力は無く、リードは上から持ち ただその通りについていくヒナタ・・・






もう、ビックリでしたよ・・・。  ジェ●ト●リードなど色々試したんですが そこまでの効果も無かったのです。





05_20110529023901.jpg


コハクも今、ちょっとだけやったら 大人しくw 矢印の様に ゆるくなったり、しまったり チェーンがキチンと動くのが
正しいです。
犬は基本人の左に・・・その時のリングの通し方 コレが正解です。よく間違って装着されている方を見かけます。
そうなるとタダの拷問器具です。





実はキチンと犬の学校でも コレの使い方を教わったのですが・・・全然ちがいますね・・ 基本はあってるんですけど
その犬とのコミュニケーションのとり方など・・・全く違ってました^^;





聞くとこによりますと、この方は、アメリカでチェーンチョーカーを開発した方が 初めて来日した時の
デモンストレーションをご覧になったとか・・・そしてじかに使い方を習われたそうです。
また、これまでの犬との付き合いで学んだ知識も当然豊富ですからね。
そして私共夫婦は、チョーカーの正しい扱い方や注意など色々教わりました。



目からうろこ でしたね もっと詳しく教えていただいたのですが 大体こんな感じです。
それ以降は、私共もそれに習ってコントロールしてます。
もちろん、こないだの水田に飛び込みのようなヒナタの突然の衝動もあります。
切れる時は スパーン と切れるらしいです。 3度経験されたとか・・・w
ですが、あんだけ悩んだのにいきなり 楽になったのですよね




この方の知識や情熱やボランティア精神 人間性も含めて尊敬しております。
また、見習いたいとも思います。




知識は人を強くします。
そして、ご自身で実践してらっしゃる健康法そのものも 驚く事ばかり・・・・



歳とると・・・って思っておりましたが犬好きな姪と甥がいて、万が一の時は託せるかぁ~とふんでおりますw
将来獣医になりたいという姪と、トリマーになりたいという姪がいますし、お隣といっても同じ敷地内に住んでます。
実は義理の妹夫婦は昔、夫の両親と夫姉妹ですんでいた家をリフォームしてそこに住んでいるのです。
なので犬との付き合い方も歳だけで判断できるものでは無いとも 思っております。
もちろん、身体が資本ですから それが一番大事でそれがベースとなっての老後の犬の付き合いでしょう。






それと、このように環境に恵まれている方と通常の民家に住んでいる人では違うとも思いますが、
それを抜きにしてもこの犬とのコミュニケーション、間合いの取り方などなど 
我々のような30~40代の飼い主でも、全くかないませんよ。キャリアの違いは当然ですけどね・・・。





ただ、基本的には皆さんの意見はもっともです。
全ては 何も考えずに・・・・ という 無責任さが ダメなのでしょうね







そして、その74歳のご主人が 何かにつけて調べ物をするときに
サッとi-pad(初期)をとりだしては、指でスイスイ動かして ふむふむ という姿に
物凄く あごがれ うちのドアフォなオトンは 同じものを買うのは少々・・・みたいな出遅れた感があり、
今回のi-pad2 の発売に目を光らせていたワケです。



なので、みかんパパが悪影響を及ぼしたわけではありませんよ^^
ずいぶん前からの策略ですから^^^^^
ただ、トリガーになったことは確かですけどね^^^^^^^^^^^^^^^^



歳をとっても同じ70代の半ばで余命いくばくかの状態にも関わらず
オペラ歌手のパバロッティが大衆の不安をかき消すかのように
冬季オリンピックで感動的な Nessun dormaを熱唱したのと、
ちょっといい感じの普通のオッサンがのど自慢に出てリズム狂ったけど金ふたつ~ みたいな
プロとアマの徹底的な差の話ですが・・・
すこしでも、そうありたいと思った次第です。












でもって、、、、













いろいろ問題のある オトンは ワタシ以外の家族にも ちょっと 最近の行動ヘンだと言われ・・・












みんなマジな心配をしています。









そして、彼の本日のオトン劇場・・・・




06_20110529000134.jpg



07_20110529000006.jpg




08_20110529000006.jpg


ホントの話です^^;
まぁ、母の精神病が遺伝疾患(海外では・・・)というのもありますしね
ウツじゃなくて、ソウ の方?
何故か妹までも心配して病院へ!GO!!!になってしまいました^^;




先生は・・まぁ、様子を観ましょう^^ またオカシクなったら 来て下さい。それと異常行動はメモをとるようにね^^
だそうです^^  本人の性格? いままで家族に隠していたのが露呈してただけの気もしますけど^^;







シッカリした長男!のイメージがタダの ・・・ やめときます^^







ランキングに参加しております。いつもありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きっとオトンさん、心許せる人にははっちゃけて心の中身をドンッと見せまくっているのでしょうね^^
心を許している…ということで^^;
気にしすぎは体にも毒ですしね☆

淡路島の巨匠のブログにもちょろっとコメントで書いた事があるのですが…うちの近所にピットブルを2頭飼ってたおじさんがいて(名前:ジョン、多分60歳くらい)このピット2匹両方ともいい子でいい子で。
うちのポンコンも大好きな子達だったのです。
それが去年の秋頃、めっきり姿を見なくなり、引っ越した?と思ったら、ピット1匹だけを連れたジョンおじさん。。。
1匹は多分亡くなったのだと思います。
そしてジョンおじさん、何があったのか分かりませんが、病気か事故か…体が麻痺?しているようで、亀のスピードでピットブルを連れて、毎日何度も歩いています。亀のスピードです。連れてるのはピット。1歩1歩歩くたびに後ろを振り返ってジョンおじさんを確認。
私達にとってはピットブルを2匹連れたよくみかけるおじさんなので、ついこの間話しかけてしまったのです。そしたらピットが大興奮(人間大好き)
思う存分走り回ったり、長い散歩したいだろうな~って…。
鍋ヲは喉元まで「散歩させましょうか?」と出たらしいですが、これはきっと余計なお世話なんじゃないかな~って複雑な気持ちです。
60代ならまだ病気や怪我さえなければ…体力もそこまで衰えていないでしょうに、でも犬にとってもジョンにとっても、お互いかけがえのない存在なんだろうな~。。。と。

あと、散歩中に出会ったよぼよぼの多分70代後半のおばあさんが連れていた犬は10歳とのこと。
SPCA(保護団体)から譲渡してもらった老犬。
「わたしはね~、先が長くないから、同じ年よりの犬を探してたのよ~。それなら、犬を看取れるからね~。」
とおっしゃっていました。なるほど…です。老犬は譲渡において人気が無いけれど、こうして逆に老犬を求めておられる方がいるのだな、と。

70代の犬のプロにはあっぱれです!
私もそうなりたいです!
どこかで日本人トリマーの方がケベックには80歳で現役トリマーがいる、と書いているのを読んだ事があります。(調べきれていません(→㉨←) )
本当に理想というか夢というか、素晴らしく憧れます^^

チョークはわが家は卒業しましたが(ポン酢に使っていました。昆布にはチョーク効き目ありません。爆⇒プロの手にかかろうが何しようが、拒否は拒否!チョークで首しまったまま床をひきづられてました、、、でもその後私が普通のリードを持ったら…あら不思議、普通に歩けたので、チョークが不向きな犬もいるのではないか?と思っています。)うまく使えている人って案外少ないと思います。プロ(トレーナー含む)も。。。
人間の左側につかせる(ヒール)は実は特に重要ではないそうです。と言うのは、左側につかせた理由は、元々狩猟の時に、人間は右側に銃を持っているので、左側に犬を…となったのだそうです。

…と、鍋ヲが申しておりました。

でもどちらを歩かせるにせよ、その際にはチョークチェーンの装着の仕方は気を付けなければなりませんよね。

No title

オトン・・
会いたいキャラクターのお方ですねえ。

犬を長い間。沢山飼っていると。
色んな方から色んな相談を受けるようになったり。
色んな犬だけでなく。
お子さんまでも預かったりしてきましたが。

何がどう良くて。
何が正しいかは。
いまだコの歳をしてもわからず。
明確な答えはでません。

心の問題もそうのようです。
大勢の方たちと会って。
病院に入ってらした方も多く。
その原因で手放すことになった犬たちも
多く引き取ってきました。

人生色々。人間十色ですねえ。

No title

オトンは母ちゃんに全力で甘えてるんでしょうね。
私も人に甘えるのが苦手なので、オトンの屈折した愛(笑)
がちょっとわかったりして^^友人には頼られ役ですが、
みかんパパには甘えまくりです^^
みかんパパはギリギリまで抱え込んでどうしようもないところ
までいって「実は…」となるのでその前に見抜いてあげないと
大変なことになりまふ。夫婦って支えているようで支えられて
るのかなぁ。

真剣に悩んでいる母ちゃんは命と真剣に向き合ってるの
だと本当に伝わってきます。一匹だろうが10匹だろうが
同じ愛情を注げるのなら数は関係ないのではないでしょうか。
若い人でも犬をアクセサリーか何かと勘違いしている人
が多い昨今、愛があれば年の差なんて(古っ)ですよ。
って多頭飼いしたこともないのにえらそうなこといって
すみません。ただ母ちゃんたちのワンコに対する姿勢は
尊敬しているので。

No title

凄いですね。。。
チェーンチョーカーは何か締め付けるってイメージがあったんですが
ちゃんと使いこなせば素晴らしい代物なのですね。

本当にいつも勉強になりますわぁ。

オトンさんは甘えん坊さん?てかオカンさんに注目してもらいたいとか??

病院まで行ったのはちょっとビックリでしたけどね。

大丈夫ですよb

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍋コ様へ

ピットブルの件は、巨匠のブログでも拝見しました。このブルちゃんは、
ジョンが大好きなんでしょうね。歩く速度を合わせてくれてるんですね。
すでに信頼関係ですなぁ~。介護犬みたいですね。
ブルの彼?にとってはジョンといる事が最大の楽しみなんでしょうが
年が若い子なら、走り回りたいという欲望もあるでしょうねぇ
ランなどで、ジョンが椅子か何かに座って見守りながらポン酢達と走らせるとかなら、いいのかなぁ?両方にとってベターならいいんでしょうね。 お婆さんの件は、シッカリしててちゃんと考えてらしてステキな飼い主さんですね。
昆布がチョークチェーンww NGには笑ましたw
でもまぁ、家も最初ヒナタはプロのトレーナーさんに躾けてもらったんですが、そんときは 今ほどの効果は無かったんですよね
プロにもよるかもですかねぇ?
ヒールは、そうですね。ただ超大型犬レベルだとこれできないと厳しいですね。人によって右利きと左利きの人がいるので
そん時は逆ですね。ちなみにワタシは天然では左利きなので逆使用。その方が安定するので。絵や文字も両手使って描きますし、使えますが、刃物や力仕事はどうしても左オンリーなんですよね

ちわわん様へ

きっと、来月?頃には・・・でも希望的に梅雨明けがベターですが
オトン達と顔出しますねw
キャラは、、、、丸わかりですよw

ちわわんさん程の方が、まだ分からないとおっしゃるなら
ワタシ達には到底・・・。
ただ、単純に犬バカだったりなんですけどね。

いろんな方とお会いしてお話聞くのが一番勉強になってます!
是非お会いして勉強させて下さい。

ワタシがちわわんさのブログを観て感心するのは、
年齢をかんじさせないその柔軟性。
そして、長年の犬との関係や多頭飼いの経験を持ちながらも
すごく時代に迎合されてて、批判らしいことも言わずに
マイペースで犬と歩んでこられているのがすごく尊敬しております。

みかんママ様へ

そういって頂けて幸せです。
オトンは甘える人がワタシくらいだからですかねw?
そういう事にしておきますw
みかんパパは懐の大きそうな方のようにお見受けしてますヨ・・・
(文面からの予測)
命と向き合うというか、子供がいなかったまま40を迎えてしまっていて
そして急に守るモノができちゃった!感はありますね^^;
たぶん、自分より大事だったり・・・
子供のような存在なので^^;
ついつい、犬ブログみてると悲しい事、納得できない事に出会うと
不覚にも泣いたり、怒ったりが・・・・。
ヤバい。。。更年期のホルモン異常?!

ぴよん様へ

病院へは、義理の妹&義父にどうしてもって言われて
連れて行ったんですよね^^;
たしかにチョット あれ?って思い当たるところはあったんですが・・
先生の反応は、心配するほどの事では無いという判断でした。
義母の前例があったので、2人にはかなり心配されました。
たぶん、それが無かったらそこまでは・・・

本人は自覚が全くなかった為、ショックだったみたいですがw

私共も、そんなに犬に詳しくないのでむしろ初心者に毛生えた程度ですので、、、、。

鍵コメ様へ

なるほど~~。
とても良い子にみえますけどね。まだ若いし^^
でも大型犬は大事ですよね。
近々お会いできればと思います・・・。
しかし、この梅雨時期・・・ちょっと早くきすぎですよね。

No title

はじめまして しんさん

ご訪問いただき
ありがとうございました。

チェーンチョーカーなるものの存在を
知りませんでした~
勉強になりました。
ありがとうですe-266

記事内の絵がとても
温かくて素敵ですね。

No title

トレーニングの大切さをしみじみと感じる私です。
あのクースでさえも私が連れて歩くんです。
でも きちんとしたトレーニングはしていませんが
母ちゃん>クース とわかっているようで
出かける時は必ずチョークを使用しています。

デカU^ェ^Uだけに 必要なトレーニングに
励んでくださいね。
自分を守る為にも大切です♪

No title

履歴からお邪魔しました^^
初めてコメントさせていただきます。
私もいろいろ考えることがあったので、とってもとっても勉強になりました。
ありがとうございます。

大型犬を飼うのは私の夢なので、いつか(なんて言ってるほど若くないんだけど^^;)
夢を叶えたいなぁと思っています。
ちわわちゃんからセントバーナードまで、たくさんの可愛い子ども達に囲まれた生活、お二人が羨ましいなぁ~。
またお邪魔させていただきますね!


イヴまま♡様へ

はじめまして~
しんさん こと うちのオトンなのですがブログの管理者ですけど、
最近記事をかかないで、嫁の私に丸投げです。
そして、人様のブログをみては、こーゆースッキリしたもんに、
作り変えて!とか、色々注文つけます;
オトンが、イヴまま様のところへお邪魔したのでしょうw
多分、誰かさんのブログのリンクからよく㌧でみてるんですよねw

チョークは主に大型犬 それも超大型犬などに必要なものでしょう
自分の体重より上の仔の場合は制御出来ない場合は
危険ですからね。

sao様へ

ご無沙汰してます。元気でしたか?!
最近、某 キングダムでもあまりお見かけしてないので。。。
ログインはされていないのですかね?
旦那はレベル25になりましたよw
まぁ、そんなことより、クースはおりこうさんですよ。
あ、そういえば レオンベルガーでしったけ?シーサー?
その仔とクースが戦ったらしいですね。
激しそう・・・。あんなクースでもマジバトルやるんですね。
確かにトレーニングは大切ですね
前回クースと遊んでたときより
 ヒナタはちょっと太った?かも、、もちろん成長段階なんですが
きっと会うと驚きますよ~。
それとコハクを今度お見せしたいです!
超かわゆいの♪

MIKU様へ

いらっしゃいませ~♪
ドロドロの多頭飼いの部屋へ。
うちは同じ多頭といっても、犬種も様々なんで^^;

うちのオトンがMIKUさんのブログをマジ読みしてて、
ワタシもちょこっと見させていただきました。

うちの仔達は宝ですね。多頭飼いは楽しさも倍ですが・・・
病気の管理も大変ですよね
本当にみなさん病気の事で悩んでいる方が多いですよね。
また是非遊びにきてください^^
普段はもっとオチャラケてるんですが、今回は真面目にかきました^^

No title

きょ。。恐縮です。。。

どの顔さげて。。
お見せすればいいのかあ。。(笑)

この歳になっても迷いは多く。
悩みはつきません。

どこまで行っても。
人は同じようです。

ただただ。
他人から見て年齢を経ているだけのことで。
本人はいたって。若いまんま。。
歳をとってないつもりで暮らしておりますが。

いかにせん。身体が。。。ついてきてませんねえ。。。

。・°°・(*/ω\*)・°°・。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メンバープロフィール

クロのおかん

Author:クロのおかん
愛知県岡崎市在住
7匹のワンコと暮らす
結婚10年?と少々くらいの
未だにラヴラヴ夫婦かもよ?


ななこ:グレートデン♀生後2カ月
(2012年02月現在)
父ちゃんの熱望により2012年から仲間入り!


こはく:ファラオハウンド♀1歳2カ月
(2012年2月現在)
新顔のファラオハウンドちゃん!2011年から仲間入り!


くろ:フレンチブルドッグ♂5歳
(2012年2月現在)
おいらのグチ聞いてよ!
家族は6匹の犬姉妹と人間の両親とで幸せに暮らしてるはずなんだけど・・・実は問題アリ!


ごま:フレンチブルドッグ♀10歳
(2011年9月現在)


セントバーナード:ひなた♀1歳10ヶ月
(2012年2月現在)


チワワ:クリリィ♀2歳
(2012年2月現在)


シーズー:すこ♀13歳
(2012年2月現在)

クロ家お薦め犬フード&犬服
ブレイラ ブヒのお洋服なら! 冷凍フードは、こちらから↓
リンク
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オカンのつぶやき(Twitter)

okandesuga < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。